ケダモノのいいなりの第3話 放課後の教室で、トイレで、体育倉庫で性欲をみたすためだけに射精し続けられて…

第3話 放課後の教室で、トイレで、体育倉庫で性欲をみたすためだけに射精し続けられて…

ケダモノのいいなり失われた放課後

 

欠落男子「黒い素肌に白いザーメンが映えるぜ」

 

ビチ子の焼けた皮膚に興奮したダディーたちはいつもより強く何度も何度もビチ子を犯した。

 

夏休み。
同級生は部活にマッチに慌ただしい内ビチ子は、隣席ストリートの宿屋で援交オッサン相手に体を売っていた。

 

親仁「うちの次女はクソナマイキでねーアヤくんみたいに率直ならいいのに」

 

制服衣装でオヤジに犯され喘ぐ。
もちろんそれはビチ子の意思などではなく、夏休みで学院のアピールができない穴埋めを男子たちの指摘でさせられておるだけだった。
ダディたちがネットで探してきたダディーほどの男子に股を解き放ち、その売上金をもってダディたちに犯されにいく。
そんなひどい毎日が夏休みに入ってずっと続いていた。

 

夏休みも後半…。

 

ビチ子「え…ナニこういう胃腸…」

 

それはビチ子が見ないようにしていた世の中だった。

 

ビチ子「そういえば前に月の物来たのいつ…ですっけ?」

 

思い出せないくらい月の物がきてない。
吐き気もあったし、おなかも膨らんできてきている。
妊娠していると言うには十分すぎる確約だが、それでもビチ子は怖くてその内情を受け止めきれてなかった。

 

明日も援交で稼いだ現金を男児に与えに出向く。
それは輪姦されに行くと行っても過言ではないのだ。

 

旦那「じゃービチ子輪姦時刻やるかー」

 

その時、ダディの一人がビチ子のかばんにつまずきコケて仕舞う。
袋の中からは妊娠診療薬が出てきた。

 

父親「妊…しん…診査…薬?」

 

ビチ子「そ…それは!!か、返して!」

 

男性「へー面白そうじゃん」

 

その診察薬はビチ子が危惧のサッパリ薬屋から買ってきたものの内容を知るのが怖くてどうしても使えずにいた物品だった。
面白がった男の子たちはビチ子に大量のお茶を飲ませて検査薬を試そうと試みる。

 

夫「ギャハハ!淑女がションベン始めるとこ初めて見たわ」

 

検査結果は…陽性。
つまり妊娠やるということだ。

 

ビチ子「カモフラージュ……そういった…」

 

大丈夫わかっていたはずだった。しかしそんなハズはないとごまかし続けてここまできたのだ。
デメリットから震えがとまらない。

 

旦那「すげーまじで妊娠してるぞこれ」

 

男子2「そういや自身間違ってチョット中に差し出しちゃった事例あるかも」

 

旦那3「ギャハハ僕も!すまんなービチ子」

 

妊娠してるとわかっても尚楽しそうに笑うパパたち。
これだけたくさんの人とセックスをしていては実際誰が父なのかも、誰の使命なのかもわからない。
ビチ子の体躯を気遣う製品など一人もいない。こういう最後は貫くのだ。

 

ケダモノのいいなり失われた放課後