ケダモノのいいなりの第4話 隣町のホテルでオヤジを相手にセックスさせられて…

第4話 隣町のホテルでオヤジを相手にセックスさせられて…

ケダモノのいいなり失われた放課後

 

女性「あやのー!お湯船まだなの?夕食さめちゃうじゃない!」

 

ビチ子「もう生じるから女性!」

 

精液だらけの車体をお風呂で綺麗にしている時、なにもしらないお母様から急かされる。
精子が残らないようシャワーでおまんこを丁寧に洗うが、何ごとしてもむなしくなるだけです。
涙が出てボディーが揺れる。

 

ビチ子『いつまで…いつまでこんなことを…』

 

翌日の放課後、ビチ子はまた体育館倉庫にいた。

 

欠如塾生「現金払ったヤツはゴムもらってー 」

 

「ゴム付き4000円」とけつに書かれたビチ子は男児教え子にまたがり何人もの目標をさせられて要る。

 

不備生徒「ビチ子もっと尻ふってがんばらねーと。体育倉庫の前に行列できてるぞ」

 

不十分大学生2「ギャハハ本当に終わんのかよコレ」

 

心底楽しそうなダディ生徒たちとは相対にビチ子は必死に腰を振る。
しかし1日にちたっても終わらず体力的にも精神的にもビチ子は疲れ果てていた。

 

ビチ子「お…お願い少し休ませて…も、もう腰が…」

 

片手落ち学徒「なに言ってんだまだ半も終わってねーぞ!終えるまでマイホーム帰れねーからな」

 

すでに10パーソン上記抜いているのにまだ終わらない。
涙を流しながら必死に手掛けるビチ子を見て旦那陣は爆笑した。
そんな毎日がもう何ヶ月も行き渡る。

 

さらにひと月帰路…。
ビチ子は体調不良に見舞われていた。
吐き気がとまらない…。

 

ビチ子『まさか…ツワリ…』

 

あれだけ中取り出しをされているのだから妊娠やる望みのほうが厳しい。
しかし、ビチ子は「これまで何ヶ月もなんともなかったから安穏」と、自分に言い聞かせ不安な情熱を打ち壊す。
あんな太陽も放課後の人気の乏しいスクールで、便所で、体育倉庫で体を売っていた。
ビチ子が冷静に自分の体の事を図るすきはナシだった。

 

時期は夏になり、スイミングの科目で日焼けしたビチ子の肌に興奮したダディーたちは、自分たちの性欲を満たす結果だけにビチ子の肌をさらに黒く焼かせた。

 

片手落ち父親「やべーボッキがおさまんねーわ」

 

欠損ダディ2「おーしガバッとまんこ開いとけよビチ子」

 

激しく足を開かされ丸出しになったおまんこにちんぽを突っ込まれる。
「妊娠やるかも…」そんなこと考える余裕のないほど常々人体を弄ばれていた。

 

ケダモノのいいなり失われた放課後